診療・介護報酬ファクタリング

診療・介護報酬ファクタリングとは?

診療・介護報酬ファクタリング

診療・介護報酬ファクタリングとは?

診療・介護報酬ファクタリングでは、病院やクリニック・介護事業者などが患者さんが加入している国民健康保険・全国健康保険協会・健康保険組合などから受け取る医療報酬を弊社が買い取ることで早期の資金化を行うサービスです。

医療機関や介護事業者が、診療・介護報酬の入金を確認するまでには通常、約45~60日程度かかることもあり、資金繰りに負担が掛かっているところも少なくありません。

今後は国内における高齢化が一層進むことが想定されており、医療機関や介護事業者による資金繰り負担は更に大きいものとなります。

通常回収までに非常に時間のかかる「診療報酬」や「介護報酬」を早期に資金化することで医療機関・介護事業者の資金繰り不安を解消し、安定的に事業を営むためキャッシュフロー改善や、新しい医療機器の導入、施設の建て替え等でまとまった資金が必要な場合にも、新たに借り入れすることなく資金調達が可能です。

診療・介護報酬ファクタリングの種類

診療・介護報酬ファクタリングサービスは、全国の国民健康保険団体連合会もしくは社会保険診療報酬支払基金に対し、診療報酬債権、介護給付費等債権をお持ちの医療機関または、介護施設等を営む法人および個人事業主の方がご利用いただけるサービスです。

それぞれのファクタリングについてご紹介します。

診療報酬の場合

通常サイクルの場合は、社会保険診療報酬支払基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保)から約2ヶ月後に診療報酬の通常8割相当分を受け取りますが、ファクタリングサービスを利用すると報酬請求後から数日で請求額の70~80%相当分が入金されます。

※残りの金額は後日振り込まれる形になります。

介護報酬の場合

通常サイクルの場合は、国民健康保険団体連合会(国保)から、約45日後に介護報酬の通常7割から8割相当分を受け取りますが、ファクタリングサービスを利用すると報酬請求後から数日で請求額の70~80%相当分が入金されます。

※残りの金額は後日振り込まれる形になります。

こんなお悩みございませんか?

  • 事業悪化のため、融資が受けられない…
  • 税金を滞納している為、融資が受けられない…
  • 保証人や不動産担保がない為、融資が受けられない…
  • 返済猶予中のため、融資が受けられない…
  • 急激な売上減で、資金繰りが困難になった…
  • お取引先の支払いサイクルが長すぎる…
  • 事業資金の資金が不足している…
  • ファクタリングで10%~20%の高い手数料を取られている…

診療・介護報酬ファクタリングの流れ

診療・介護ファクタリングの場合、診療報酬債権の請求先が国になるので安全性の高い債権であり診療報酬債権自体が担保価値を持っているため担保は必要ありません。

クリニックや病院だけでなく、保険薬局が社保や国保から受け取る調剤報酬債権や自立支援給付金を受け取る施設等も対象となります。

診療・介護報酬ファクタリングの流れを詳しくご説明いたします。

診療・介護報酬ファクタリングのメリット

  • 報酬債権の早期資金化
  • 財務内容の改善(帳簿上や貸借対照表の改善)
  • 銀行などの金融機関の借り入れを必要としない
  • 連帯保証・担保等は不要
  • 審査がスムーズ
診療・介護報酬ファクタリングの流れ